2012年04月18日

50m走で、飛ぶっていったほうが適切なくらいの勢いで、転んだため、
全身が痛いRescueFです(笑)

今日からは、先日(といってもずいぶん前)に行われた、
ロボカップジュニアジャパンオープンについて、書いていきたいと思います。

今年のジャパンオープンは、尼崎(兵庫県)で行われました。

今日は、コース紹介をしたいと思います。
今年のコースは、 1部屋目にギャップが2つ、
2部屋目にギャップ2つとバンプ1つと障害物1つという比較的簡単なものでした。
第3競技のときは、ギャップが長くなっていたり、
バンプが斜めになっていたりしました。
また、障害物の両脇にバンプが追加されていました。

これが今年のコースの写真です。
 ジャパンオープン2012
本番は、これにバンプが置かれ、串もまかれていました。

あれ?そういえば、このコース、どっかで見たことあるような・・・

去年のコース
ジャパンオープン2011② 
ジャパンオープン2011①
ほぼ同じじゃん!(笑)
とはいっても、去年のほうが断然難易度は高かったですけどね。

次回は(いつになるかはわからないですが)
動きのよかったロボットについて、紹介したいと思います。

RescueFrescue_f at 23:28│コメント(8)トラックバック(0)Robot │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 坂しかクリアーできなかった   2012年04月18日 23:45
すごいね
それと
なんでロボカップのこと紹介する前に
転んだことを話したんだ?別にいいけど
あれは
周りから見ても痛かったし
なんかスローモーションに見えたから
2. Posted by RescueF   2012年04月19日 18:55
コメントありがとうございます。
あれは、おまけです。
スローモーションに見えていましたか?
周りから見たら、あの転びかたは、いろいろな意味で痛かったと思います(笑)
3. Posted by 俺の名前は件名だと思え   2012年04月19日 19:57
大会側に対して
障害物のところに
バンプ+串ってどんだけクリアさせたくないんだよ!とおもいました。
あと転んだシーンがとってもマンガみたいな転び方で笑った。
4. Posted by RescueF   2012年04月20日 18:36
コメントありがとうございます。
確かに、ブロック大会までよりは、難易度の高いコースでしたが、
みなさん、ブロック大会を勝ち抜いてきた方々なので、
無難にクリアしているチームが多かったです。
5. Posted by ティシュで統一するから覚えとけ   2012年04月20日 18:59
俺らも頑張ればできたかな
くそ、
生まれてくるのがもう少し遅ければ
プライマリAに行けたのに
(たぶん行けても無理だったかも。だってアームに懲りすぎてコースをクリアすることを考えてなかった。挙句の果てにアーム外したし、そんでクリアーしたのは坂だけ。審判の人に同情を買いました。)
6. Posted by RescueF   2012年04月20日 22:25
コメントありがとうございます
もう少し工夫していれば、少なくともブロック大会までは行けたと思いますよ。
1年生も入ってきたことですし、
後輩が、同じような悔しい思いをしないよう、頑張っていきましょう。
7. Posted by ティシュ   2012年04月20日 23:22
その話で質問です
普通は2年生に全てを教えて僕たちは卒業しますよね。
でも2年生にやる気・覇気・大会に出ようとする気が全く見られないのですがどうしましょうかしら
僕としては1年生に全てをこの1学期中に教えたいのですが
顧問の先生から
『2年生にお前らの技術全て教えてってね』と言われたのでどうしようかなと正直悩んでます
あと僕らは国語が(というより会話力)がないので
教えるのが難しい
あと自分が知ってることを教えるので
すぐできないと、もどかしいという
まことに自分勝手な性格のため向いてない気がするのです
ちなみに次の予定はセンサーですけど(たとえば光センサーで黒い線を感知してみようとか)
なんか他にしたことがいいのはありますか?
masaたちがちゃんとやってればいいのですが
1年生に変なこと教えてないかな?
8. Posted by RescueF   2012年04月20日 23:57
2年生のやる気に関しては、どうしようもない問題ですが、
基礎(ROBLABでのセンサーの使いかたなど)から少しずつ、しっかり教えていくのが一番良いと思います。
まだ、センサーについて教えていないのなら、そこから教えるのでいいと思いますよ。
多少のもどかしさはあると思いますが、そこは我慢するしかないかと・・・
僕も行ける日は少ないですが、なるべく多くのことを教えられるようにしたいと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字